ヒット・マスボクシング(ヒットマス)の試合規則(ルール)

ヒット・マスボクシングの公式競技に必要なもの

  1. JABFの認定バンテージ::試合後バンテージの巻き方を含みチェックします
  2. ヘッドガード::パンチが誤って(反則)顔面にヒットした時のダメージを回避するため
  3. グローブ::競技用グローブもしくはソフトグローブを着用、より安全性を期するため
  4. マウスピース::2項と同様理由による(赤及び類似色のものは使用禁止)
  5. 服装::JKBAのルールに準ずる

公式試合

1ラウンドを2分とし1分の休憩を挟み計2ラウンドで開催される。
トーナメント戦等、健康管理上1Rを1分30秒にすることもある。
試合の管理は、開催団体が行い、試合データはJKBAに報告管理される。

レフェリー

構え::グローブより頭が前に出ない事を指導する
パンチ::ナックルパートで打つ事を指導する
これらを確認し指導したうえでボクシング競技中の寸止め行為を管理し、顔面、ボデー等にタッチした場合は試合を一時ストップし選手にタッチした部位を指示しジャッジに加点を告げる。

競技ルール

5秒以上攻撃をしないで、相手の攻撃を待つ、行為を指しレフェリーの指導を受けた相手選手に1点が加点される。

その他の反則についてはレフェリーの指導範囲とし採点には直接反映されないものとする。
但し同点の場合には別項の通り反映される。
悪意によるタッチは失格と成る場合が有る::明らかに寸止めパンチが打てないと認められる者。
ボクシング用語を使ってレフェリングを行うが、通常用語を使っての指導も可能なものとする。
(幼児、幼年、年少の参加を考慮したもの)
ジャッジは本部席を除き、3面のリングサイドに配置しジャッジをする。
JKBAの試合と同様に、パンチのヒット数をカウンターでカウントしてその勝敗を決定する。
     

採点

ヒットとは、攻撃したパンチに対して受けた側が反応してない場合に認められ1点が加点される。
反則パンチ(タッチ)は反則を受けた側が、レフェリーの指示により2点加点される。

デフェンス技術は、各ラウンド毎に加点される。

採点が同点の場合は

  1. 攻防が優れている
  2. タイミングバランスが良い
  3. スピードが有りパワフルで有る
  4. スタミナが有り積極的に手が出せる
  5. フェアプレー・リングマナーが良い

上記5項を総合評価して勝者を決定する。

軽微なタッチについては試合を中止して指導するか、そのまま続行させるかはレフェリーの判断に委ねる。

服装

JKBAのルールに準ずる。
日本キッズボクシング協会(JKBA)の試合規則(ルール)

試合参加資格の無い者

  • 医者から運動を禁止されている者
  • 心疾患の有る者

試合参加資格

試合当日は、血圧計による血圧の数値が、JABFに準じている事

ジャッジペーパー

こちらからダウンロードしてお使いください。
ジャッジペーパーpdfファイル

階級

幼年の部、少年の部、青年の部、女子の部、壮年の部、シニアの部

  

特定非営利活動法人 日本キッズボクシング協会

ページのトップへ戻る