日本キッズボクシング協会の設立主旨 | 特定非営利活動法人 日本キッズボクシング協会(JKBA)

日本キッズボクシング協会の設立主旨

※この主旨はJKBA発足当時のものです

平成13年7月設立 平成18年8月NPO法人認可

 全国の幼児から中学校3年生までのキッズボクサーは活動の場がなく、各地でそれぞれが独自に活動しているのが現状です。指導者及び育成施設にしても、選手の管理指導とともに個別に対応しており、組織整備も未成熟な状態です。このようなボクシング環境の中、横浜市教育委員会、横浜市アマチュアボクシング協会、財団法人横浜市スポーツ振興事業団、財団法人日本ボクシングコミッションを始めとした賛同者各位の後援、支援を得て、平成13年より「全国ちびっ子ボクシング大会」を開催して居ります。

 同大会は北海道から沖縄県まで毎年参加者が増加、キッズボクサーにとって毎年楽しみな大会になりました。このようなキッズボクサーとの関り合いから学んだ事は、第一に一生懸命ボクシングをする子は決して悪い方向に進まず、リングに立ちファイトすることを通して「礼儀」「相手に対する思いやり」「勇気」「努力」「自分を信じること」の大切さを学んでいた事です(毎回実施するアンケート結果による)。

 近年自分勝手な発言や行動をする子供が増えている中、この大会が健全な青少年の育成に貢献していると考えています。第ニに、現状の組織及び指導のあり方等を抜本的に変えていく事が急務の課題であるという事です。私たちは、全国のキッズボクサー、指導者及び施設その他の要望に対応しながら活動を展開しています。しかし、子供向け全国ボクシング大会の開催、地方大会の認定・支援、キッズボクサーの健康管理指導及び育成施設に対する指導など、協会としてこなすべき課題は山積しております。

 これらを、踏まえた上で「特定非営利活動法人(NPO法人)日本キッズボクシング協会」を設立し公益法人として、すべてのキッズボクサーに公正・公平・平等の公益性を運営上に生かし、より子供たちに夢の持てるボクシング事業の運営をしていきたいと思います。

平成18年8月吉日

特定非営利活動法人 日本キッズボクシング協会
理事長 平野 敏夫